新しい年号『令和』に出展元の万葉集の和歌を染めた展覧会を催します。
どうぞご覧くださいますようお願い申し上げます。

日時:6月7日(金曜日)~6月12日(水曜日)12時~18時 ※10日(月曜日)休み時

場所:京型絵伊砂 日本橋ギャラリー 東京都中央区日本橋3-14-1 新々会館ビル1階(株式会社大洋工芸)

伊砂正幸 経歴
1965年 伊砂久二雄の長男として、京都市に生まれる。
1989年 金沢美術工芸大学美術学科(日本画)を卒業。
2007年 第39回日展にて特選

コスタリカ、UNIVERSDAD NACIONAR大、
North Norway Art&Film School型絵染のワークショップなど。
京都日本画家協会会員、京都美術工芸作家協会会員、工芸美術創工会会員

10年前より、万葉集の歌をテーマに型絵染の技法を使い和紙を染めています。
型絵染は、古くから日本に伝わる万葉集には日本の自然や四季、恋愛や哀傷、地域の風習などが詠まれていて、日本人の優しい心に触れることができます。

※染織技法の一つで、型彫りによるシャープな線と、糊で防染し、刷毛で染め重ねる柔らかさが、表現の特徴です。